2016年10月10日

久々に登山

岩手、秋田、宮城の三県にまたがる栗駒山(1626ⅿ)の紅葉が見頃と知り、ぶらっと行ってきました。

愛車(ミライース)を走らせること2時間で大駐車場に到着。
ここから登山口まではシャトルバスが運行していたので利用しました。
登山口そばのレストハウスから見上げると濃い霧と厚い雲。

IMG_1122.JPG

晴れることを信じ、トイレを済まして、いざ出陣!
中央コース経由で山頂へ向かいました。
IMG_1135.JPG

道中、山頂をバックに撮影。
IMG_1132.JPG


一時間程で山頂に到着したが、風も強く寒かった〜
コンビニで温めてもらったハンバーガーもすっかり冷めていました。

IMG_1137.JPG

霧が晴れる気配、全くなし。
山仲間では晴れ男と呼ばれてきたが、これまでか・・・・・・・
下山しま〜す


ん?ん?
霧が晴れていく!
IMG_1143.JPG

IMG_1144.JPG

IMG_1145.JPG


青空が!(自分の指も微妙に写ってしまった)
山ガール達の『綺麗だね〜』と喜ぶ声があちこちから聞こえてきました。
目の前は紅葉のパノラマでした。IPHONEでビューティフルに撮影するのは難しい。
IMG_1149.JPG

IMG_1154.JPG

IMG_1158.JPG

IMG_1170.JPG

IMG_1171.JPG

IMG_1174.JPG


国道をのんびり走らせ、無事帰宅しました。










posted by ベ―ジュの財布 at 20:51| Comment(4) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

Tさんご夫妻と軽登山

IMG_0574.JPG

IMG_0577.JPG

IMG_0579.JPG


IMG_0581.JPG



太極拳のTさんから山に登ってみたいとご要望があったので、私は軽登山を企画しました。
仙台から北へ18km。宮城県黒川郡大和町に、ポコポコ横に並ぶ山々があります。
七ツ森は300ⅿ程度の山々なのですが、とても展望がよく、天気がいいと遠く太平洋が見えます。
危険もほとんどなく、安心して登れる山なので、きっと喜んでもらえると思い、この山に決めたのでした。
メンバーは四人。Tさんご夫妻、私の妻と私。
私は責任感から気を張って、滅多に携帯しない熊よけ鈴をリュックにぶら下げました。

天気に恵まれて、山頂からの眺めは最高でした。紅葉も見頃。他の登山客がお昼を食べ終え、歩きだしたタイミングで、私達も写真撮影や食事を楽しみました。(山頂はあまり広くないのです)

私は、明るいうちに登山口に戻れると判断していました。が、欲張り過ぎました。結果論ですが、いささか強引なスケジュールでした。妻は風邪の治りかけということもありました。
日が暮れるのが思いのほかあっという間で、出発時刻を早めにすればよかった。心配をかけさせてしまいましたが、そういうことも含めて思い出にしてもらえればとベージュは考えたのでありました。





posted by ベ―ジュの財布 at 03:23| 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

合体の樹(朝日岳)

今回登ったのは山形県の大朝日岳(1870m)。

道中面白かったのが『合体の樹』。

140914_143731.jpg


140914_143653.jpg

抱き合ってる感じが、なんていうか〜^^


二日目の朝。ブロッケン現象と言って、霧の中、遠くに虹のような光の輪が見えました。

140914_063434.jpg
私にとっては単なる物理現象(しらけムード)。登山客の中には興奮して大声をあげて感動している方もいました。私は『この霧、晴れてくれればなあ』って思ってたくらい・・・
でも、滅多に見れないらしい。



山小屋に寝泊まりするのは10年ぶり位。
普段はなんにも考えない私ですが、荷造りする時、ちょっとだけ考えました。
ひとつは3人分のゴミを持ち帰る役になること。Mさんは食料を調達してくれるし、Tさんは往復の運転の他、いつも必ずビールを準備してくれるから。
もうひとつは、夜中、小腹が空いたとき用に食べるものはカシャカシャ音を立てないで開けられるようなパッケージがいいということ(寝ている人を起こさない配慮)。


どんなコースを歩いたか、忘備録としてここに書いておこう。
9月13日(初日)
古寺鉱泉側の登山口駐車場。私の荷物が軽めなので、ご飯・缶詰・ビール入りの保冷バッグは私のザックに詰め込む。
ここは山形県だというのに、札幌、奈良、相模、広島ナンバーの車が駐車されていることに驚く。
スタートして、30分程度歩いたところで『合体の樹』。
小朝日岳は登らずショートカットする。小朝日岳は急な斜面だ。小朝日岳を左手に素晴らしい眺め。しばらく尾根沿いの道を歩く。
青空の下で、昼食とよく冷えたビール(確か古寺山山頂で)。大朝日岳の山小屋には早めに到着。

9月14日(二日目)
4時起きする。寒い。ちょっと歩く。大朝日岳山頂から朝日を臨もうとするが、霧がかかっていてすっかりかくえている、残念! いったん山小屋に戻り朝食。朝食は天ぷらそばとカレー。美味かった〜!
霧がかかるなか、天気が変わることを祈りながら、西朝日岳へ向かう。道中いったんパーっと晴れるが、また霧が・・・。竜門山まで足を延ばそうとするが天気が良くなる気配がなく引き返す。
早めの昼食をとり、来た道を戻って下山。道中は植物の撮影を楽しんだ。
雨に降られるも、わずかな時間であった。


 小朝日岳↓
140913_142736.jpg


 遠くに小朝日岳を臨む↓
 140913_145240.jpg


 尾根沿い 山小屋が見えてきた↓
 140913_145514.jpg


 『銀玉水』の目印↓ ここで晩御飯のための水を汲んだ。かなり冷たかった。
 140914_112744.jpg



 おおっ!夕焼けが素晴らしい↓
 140913_174048.jpg

 140913_174955.jpg


 140913_171915.jpg



 9月14日早朝、大朝日岳山頂にて。朝日を拝もうとしましたが、霧のため残念でした
 140914_051548.jpg



 西朝日岳山頂 すっかりガスってます(法令線が気になる。表情筋をつけて口角をあげなきゃ)
 140914_080315.jpg
 

 ハクサンイチゲ(多分)↓
 140914_073542.jpg


 エゾオヤマリンドウ
 140914_083608.jpg


 ミヤマキオン
 140914_085457.jpg


 大朝日岳と山小屋にお別れ
 140914_110603.jpg



 古寺鉱泉そばの川↓
 140914_150207.jpg




山小屋から見る夜空は格別で、星が近くに感じました。
初日道中で、Mさんがぽそっと私に『晴れ男』と言ったことが印象に残りました。社交辞令でしょうけど。
帰り、東根あたりでお土産を買いました。洋梨と葡萄(ピオーネ)は家族皆好んで食べるので。
山形から仙台まで走る国道48号線は途中すごい渋滞でした。山形で芋煮があってその帰りの車で混んでると分りました。みんな連休を楽しんだ帰り。
私はふくらはぎの筋肉痛がまだ続いています。






posted by ベ―ジュの財布 at 03:00| Comment(13) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

薄曇り時々晴

今度登る山は雪渓が残っているかもしれないから、軽アイゼンを持ってきてねと言われていました。
私は、そんなことよりも心配事がありました。
わらび餅は腹に残る。消化がよくて、山頂で喜ばれそうな物でなにかないか。食べ物じゃなく、ビールにするか。待てよ、きっとMさんが持ってくる。かち合ってしまう。ああ、何がいいだろう。
寝る直前まで考えた挙句、アイディアが浮かばず、結局必要最小限の装備だけ持って、夜が白々明けるころ、私は家を出発したのでした。

前日までの雨のため、登山道は所々ぬかるんでいましたが、『余計な心配は要らないよ』と鮮やかな景色が囁いてくれました。

 140721_073714.jpg

 140721_145834.jpg

 140721_081748.jpg

 140721_085858.jpg

 Image014.jpg

 140721_103101.jpg


 140721_092154.jpg

 140721_092026.jpg
 

目の前に焼石岳山頂(1547m)が見えてきました。
私達を歓迎するかのように、今まで薄曇りだったのが急に青空が現れました。
私、思わず先輩二人に、いい眺めだと言って写真撮りを提案しました。二人はカメラで、私はいつもの携帯で。

少し歩くと二つ目の沼がありました。ベンチも整備されていることもあり、早めのお昼の登山客もいました。

 140721_102506.jpg

私達はもう少し歩きます。
やはり県境ということもあり、周囲に遮るものは何もなく、風が強くなってきました。雲も出てきました。ところが青空がまた広がりました\(^o^)/
下界の遥か遠くまで見渡すことが出来ました。


 140721_105623.jpg

雪渓まで降りて私達も昼食。雪で飲み物を冷やしました。


 Image015.jpg


雪渓は柔らかく軽アイゼンも不要でした。
ゆっくり下山しました。
行き帰りの運転やら、いろいろとすっかりお世話になりました。



posted by ベ―ジュの財布 at 00:53| Comment(22) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

次に登る山

今日も登山してきました。
登山口から山頂までスタスタ登り1時間半でした。
船形山は岩手県と宮城県にまたがる山。標高1500m。
Tさん、山頂でラーメンを作ってくれました。小さい虫が群れで顔の周りを飛び回っていて、神経質な私は美味しさ半減でした。下りは登りと違うコースを、尾根沿いに結構の距離を歩きましたが、西側に山々を見渡せて気持ちよかった。2時間と少しかかって登山口に到着。

次回は岩手県の焼石岳に登る計画になりました。
天気がいいことを祈ります。
雪渓が残っているかもしれないので、軽アイゼン(足に履くスパイク)を確認しました。

 140706_182132.jpg


アイゼンを見ていたら、以前鳥海山に登ったときを思い出しました。
あの時も楽しかった。
今日もこうして一日が終わります。







posted by ベ―ジュの財布 at 21:03| Comment(14) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

山道で

誘われて山に登りました。

霧がかかっていて、時折降る小雨。
それでも、山が好きな私達はやっぱり楽しかった。
私は整備された山とか、観光地化された山よりか、険しくて探検気分を味わえる山が好きなので、美人を連れて登るのは不釣り合いだなとある時から思うようになりました。
『女の敵』なんて思われたくありませんから、お互いの領域を尊重しませんとね。

ところで、地方紙で知ったのですが、あ、驚かないでくださいね、
実は17日の夜、前職で死亡事故があったんです。派遣社員が見えなくなり、探したところ、敷地内のマンホールの5m下で発見されて、すでに亡くなっていたと。
山道を登りながら、ちょっとそんなことを話に出してみたんです。
間違いなく書類送検でしょ。下手すりゃ、会社つぶれるかもね、なんて聞こえてきました。
私は前職で、昼夜不規則な勤務シフトから体調を悪くしたので、一所懸命転職活動して今の会社に移りました。まだ一年も経っていません。
一緒に働いていた同僚は賢いから、上手く対処すると信じています。

私が山にデビューしたのは地元の大東岳という山。当時の同僚に誘われて。
それがきっかけで、山が楽しくなりました。
義姉が山によく誘われていて、義姉の知り合いからもお誘いが来るようになって、7000〜8000円程度で靴を揃えました。それが初めて購入した山用品で、未だにこの一足を大事に履いています。
その後、一泊の登山も楽しみたくて大きめのザック。、雪渓をトラバースする(横切る)のに必要でアイゼン(靴底にはめるスパイク)。都度必要な道具を揃えてきました。ザックは少々高かったですが^^;
未だに食器類は持ってませんし、服装も適当でした。山らしい服装にと、mont-bellのTシャツを買ったのは昨年なんです^^;
こんなに継続すると思っていなかったし、これからも継続していくから、山男らしい格好をしたくなり、ズボンを一本購入しました。
太極拳より山の方が付き合いは長いのに。


  前回登った時の私
    IMG_0681~00.jpg

posted by ベ―ジュの財布 at 22:56| 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

ヤマツツジ

私の奥さんが珍しく山に登りたいというので
私は太極拳の稽古を休んで、
ちょっと遠出しました。

 140524_110831.jpg


 140524_114846.jpg


 140524_115645.jpg

  140524_113606.jpg
 

徳仙丈山は宮城・岩手の県境にまたがる山で、ツツジの山として知られています。
満開になると樹木の緑とツツジの深紅の対比が素晴らしいのですが、少し時期が早かった。
汗をかいて山頂(標高711m)に着くと、風が心地よかった。
展望は360度のパノラマ。遠く本吉湾が見え、最高の眺めでした。
山頂の少し下でイベント(つつじ祭)が行われていて、ちょっとした食べ物を販売していました。
玉コンやおにぎり、草餅が美味しかった。(写真は省略^^;)

帰りは別のコースを降りました。


 140524_123536.jpg




posted by ベ―ジュの財布 at 08:03| Comment(6) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

山の麓で

ある山の麓に素敵な喫茶店『モカモアコーヒー』があります。
140406_093627.jpg
その喫茶店の店長はモカと言います。

1392304102.jpg
店長に就任した(産まれた)のは2008年の4月。もうかれこれ丸6年経ちます。
モカ店長ははじめ別のお客さんに抱かれていました。外の方を見ていたり、時々私の方をチラッと見詰めました。
そのお客さんが帰っていかれたので、今度は私に抱かれることになりました。
私が穿いていたズボンはポリエステル製だったので、モカ店長は足がツルンツルン滑りました。
モカ店長は活発で山登りもします。湖の公園を駆け回ったり、松島では遊覧船にも乗りました。

また来た時は、私に抱っこさせてくださいね。
モカモアコーヒーのページはこちら
     ↓

http://www9.ocn.ne.jp/~momoco7/



(下の写真はどなたかのBLOGから拝借しました)


posted by ベ―ジュの財布 at 20:19| Comment(11) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

アドベンチャー

夏が過ぎて、山に登るのにはいい天候となってきました。
県境の山に登りたく、登山口など事前に調べておこうとちょっと出かけました。
観光名所を過ぎると車道が狭くなります、私はこういう道が大好き、
怖がってはいけません、ドンドン行きます、


駐車場到着、ちょっと用足し、川のせせらぎとともに立小便、はは。
と、その最中、木の枝から枝へ動く生き物発見!
リス!
慌てて携帯を構えましたが、リスは用心深く、出てきませんでした。
残念でござる。

   130927_163005.jpg 


昔10年前かな、登ったときは猿がいたし、自然がいっぱい、熊には気を付けないと。
車を置いて少し歩きました。
熊よけにランランラン♪
一人で歌ったりして・・・・・
近くには沢が流れていました。
架かっている橋に「大行沢」とあって
ここだ!
私が予てから歩いてみたい沢が流れていました。私、嬉しくなってきました。
普通の靴を履いていましたが、ちょっとだけ降りてみました。


   130927_164720.jpg


きゃっぽりしないように気を付けて・・・・
中洲には火をたいた後の形跡、固形燃料の残りや燃えかすがあって、私、ますます嬉しくなってきました。

登山口駐車場に戻りました。
陽は山に隠れ薄暗くなってきました。
山頂へ続く表コースと裏コースそれぞれ確認のため少しだけ歩きました。
私は本能の赴くまま歩き続けてしまいそうで、慌てて引き返しました。
入山する時のカードが残っていて一枚もらいました。

   130929_105617.jpg   

   130929_105639.jpg


来月、大東岳山頂で、どなたか一緒におむすび食べませんか。
一日コースです。




posted by ベ―ジュの財布 at 11:05| Comment(9) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする