2017年02月18日

「花束を君に」

ずーっと気になっていることがある。

昨年「とと姉ちゃん」のテーマソングに起用された宇多田ヒカルの「花束を君に」である。
歌詞を引用する。

♪普段からメイクしない君が薄化粧した朝

「メイク」と歌った次の瞬間に「薄化粧」。
ありえないとベージュはずっと思っていた。
同じ意味の言葉を並べるなどありえない。重複だ、くどい、一流のシンガーソングライターのやることか!?とずっと疑ってきた。
*******

しかし、日本一のアーティストである。
それなりの意味、意図が込められているはずだ。自分にとって謎であった。
今日、なんとなく、謎が解けたような気がした。

*******

竹内一郎の「人は見た目が9割」を特に目的もなく読んでいた。これはなかなかいい本だ。2005年10月発行で2014年5月に72刷だから、かなり多くの人に読まれている。
色や化粧について述べた箇所があり、もしかすると、「メイク」と「薄化粧」について何かヒントはないだろうかと読み進めた。
日本では身だしなみとしてのメイク(ファンデーションと口紅)があるが、欧米にはそういう観念はなく、メイクとは個性を際立たせるものなのだそうだ。

*******

その箇所を読んで歌詞の謎が解けたような気がした。
♪普段からメイクしない君が薄化粧した朝

これはどういう意味になるか?
普段、個性をアピールしたいなどと思ったこともない1人の少女は、身だしなみ(社会性)を意識するようになった。
おおよそ、こんな意味になる。
宇多田ヒカルは最近、イタリア人男性と再婚し子供にも恵まれた。
そんな現実と歌詞がベージュの頭の中で繋がり、なんとなく納得できたのだった。
歌詞のいたるところに感謝の気持ちが散りばめられているし、天性のボーカルが心地よい素敵な曲だ。
これまで、宇多田ヒカルの音楽には関心がなかったが、少し聴いてみる気になった。

image.jpg

image.jpg



ランニングはお休みだけども
応援ポチよろしく(^^)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by ベ―ジュの財布 at 20:43| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: