2017年01月08日

愛情の表し方

時々思う。
女親と男親では愛情の表し方が違うと。

息子は受験ラストスパートだ。しかし、自分で朝起きない。妻が甘やかして、声をかけてきたのがクセになった。猛烈に私は反対してきた。
俺の知ったことか。
目覚まし時計が鳴っても起きないのは、精神の問題だ。
女親は愛情の表し方が直接的だ。


井上陽水さんの『東へ西へ』(1972年 センチメンタルのA面)で
♩目覚まし時計は 母親みたいで心が通わず
というフレーズが脳裏をよぎった。陽水さんは若い頃から、自立心が半端じゃなかった。
兎にも角にも、自分で考えて行動しなさい。




IMG_1454.JPG

IMG_1453.JPG



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by ベ―ジュの財布 at 09:37| Comment(6) | 井上陽水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんちは。(*⌒ー⌒*)ゞ

まったくベージュさんと同感で、
精神の問題ですよ・・・起きられない?
あまえているだけですよ。
生死を分かつような強烈な一大事にも、
目覚ましを止めて寝ていられるかが問題ですね?

大学受験のときはお母さん付き添いってケースも・・・・
いつもありがとうです。(^_-)-☆ぽち!
Posted by 炎クリ at 2017年01月08日 14:59
炎クリさん

こんばんは(^^)
息子に厳しさを伝えるのは父親の仕事と思ってますが、母親と息子の関係の方が強いので、難しくなっています。
親業も難しい。
Posted by ベージュ at 2017年01月08日 18:11
おはようございます(*^_^*)
うちも毎日起こしてますが
あと数ヶ月で一人暮らしです。
もう少し
甘えさせるつもりです╰(*´︶`*)╯♡
Posted by はーい♪にゃん太のママ at 2017年01月09日 07:46
にゃん太ママさん

おはようございます(^^)
スキンシップの時間をいっぱいとれば、心も丈夫になりますよね。
息子さんを思う、愛情の深さを感じました。
Posted by ベージュ at 2017年01月09日 09:50
おはようございます。

父親は厳しく、母親はその逃げ場所になる
それが理想でしょう。
しかし、必ずしもそうはならないのが現実です。

愛情を注ぐ・・・・・甘えさせる・・・・・甘やかす
難しい課題です。

大いに「甘えさせる」ことは必要。
でないと、母親の愛情が不足して、引きこもりの原因になったりします。
「甘やかす」こととの違いがわかれば、理想的な親になれます。

なかなか難しいのですがね。


Posted by 英さん。 at 2017年01月09日 09:55
英さん。

おはようございます。

息子は母親が大好き、幼稚園の頃から今日まで人間関係は良好(むしろ達者)です。よく寝るのは赤ん坊の頃からなんです(^^;
体調の管理が自分でも難しいようです。

受験日を意識して自分で早起きをするように、去年秋から私が妻にも息子にも言ってきてるのですが、いつの間にかセンター試験が迫ってきました。


Posted by ベージュ at 2017年01月09日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: