2014年12月23日

優しさってなんだろう

141221_142020.jpg


141221_144404.jpg


息子の財布がボロボロだったので、財布をみようと街まで出た時に、また会いました。ワンちゃんはクリスマスの装いでした。
奥さんにも考えました。「くるり」のニューシングル『There is (always light)』を発見するが、レンタルですでに聴いている可能性もあるから、確認してからでも遅くないと思い、保留しました。
娘には何がいいか考えたけれども分らず。訊くと、髪をカールさせるアイロンが欲しいと。で、二人でルンルン気分のドライブ、近くのディスカウントショップまで。



優しさについて考えることありますか?
例えば、家族が風邪をひいたらどうしますか?
クリスマス前になにを言い出すんだろうって?



今日の私のこころは揺れ揺れモードです。

141222_163445.jpg





posted by ベ―ジュの財布 at 11:04| Comment(11) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。優しさ。巾が広いですね。優しさー思いやり。相手の立場になって

考えられる事。さりげなく無償の愛で包込める人間性。器{心}の大きい人。等々

あろうかと思いますが。難しいですね。言葉って怖いです。何気なく云ったつもり

でも、相手の心は違う方向へ考えてしまったとか。そう云う時はとことん話合うべ

きでしょうし。自分は病に倒れてから人の言葉が少し恐い気がします。
Posted by みどり at 2014年12月23日 16:57
みどりさん

最近、よそ様のブログへのコメントや記事更新がおろそかになってます。こんなペースですが勘弁してくださいね。
言葉は確かに刃物のような側面がありますね。
私は結構チャランポランなんです(汗)みどりさんを見習って、言葉についてしっかり考えてみようと思います。
Posted by ベージュ at 2014年12月23日 21:38

優しさについて考えることありますか?
例えば、家族が風邪をひいたらどうしますか?


優しさ、自分の中に在って、永遠なるもの、でしょうか

家族が風邪をひいたら、放っておきます(嬉笑)
何かアドヴァイスを求められたら、水飲んで、よく寝て、あたたかく
していたら、そのうち治るよ、って答えるでしょう


ありがとうございます
Posted by ponsun at 2014年12月24日 07:17
おはようです。(*⌒ー⌒*)ゞ

派手なワンちゃんですね?
きっと飼い主さんも派手ハデなおばちゃん系?

風邪をひいたら薬だけ渡しておきます。
我が家は全員子供じゃないんでそれで充分かと・・・・

いつも(^_-)-☆ありがとうです。
Posted by 炎のクリエイター at 2014年12月24日 11:34
ベージュさま。
ワンちゃんもクリスマスカラーいっぱいですね=^^=
優しさって 難しいよね。こちらが良かれと思っての
言動も反対に取られたりね(@@;)要は 優しさって
求めてするものではなく「相手が感じてくれるもの」だと
思いますぅ。ミー子は基本的には「言われたこと」「頼まれた事」
を気持ちよくする!!それに徹して?ます(笑)笑顔で!!
言うは易しだね(爆)いつも有り難うございます。
Posted by ミー子 at 2014年12月24日 14:14
ponsunさん

>家族が風邪をひいたら、放っておきます(嬉笑)
>何かアドヴァイスを求められたら、水飲んで、よく寝て、あたたかく
>していたら、そのうち治るよ、って答えるでしょう

自然治癒力に任せるのですね。これぞponsunさん流の哲学。



炎クリさん

飼い主は派手なおじさんでした(笑)
炎クリさんはポケットには話題や智慧だけでなく、薬もいっぱい詰まっているんですね(笑)



ミー子さま

私がお世話になっていた近所の薬剤師の方も
「頼まれごと」を喜んでするように努めていると言っていました。
仕事からくるものなのか、同じような志向性なんで、驚きました。
奉仕の精神ですよね?







Posted by ベージュ at 2014年12月24日 20:14
優しさ、いまだにわからないです。

難しいですね。

里帰りしてる娘の子育てのお手伝いをさせてもらってる今、
結芽ちゃんのお世話や、身の回りのいろんなお世話、
日常に振り回されて、
正直しんどいって思うことあります。
自分が子育てしてた時とは違って、
なかなか身体が付いて行かなくなるときがあるんです。
でもね、気持ちだけは、いっぱいなんですよ。
力になりたいなーなんてね。
そういう気持ちが、優しさなのかなーなんて思う今日この頃です。
Posted by tomato at 2014年12月26日 10:46
家族が風邪をひいたら
息子達なら
医者に連れて行こうか?
薬はいるか?
食べたいものはあるか?
聞きます。
反抗期の彼らは、自分が納得しないものは拒否するからです。
主人は、自分で医者に行って
自分でうどんとか買ってきて食べて、
自分であったかして寝ます。
なので、私の出番はなしです。
優しさってなんだろう。
そこかしこに溢れているものだと思います。
感じるかどうかは、その人次第
反抗期の子供たちは、
親からの優しさを拒否することで、大人になろうとしているので、
そういう時期もあると言い聞かせています。
Posted by はーい♪にゃん太のママ at 2014年12月26日 13:02
tomatoさん

私はtomatoさんが投稿するお料理などを見ると、愛とか優しさを感じます。

>力になりたいなーなんてね。
>そういう気持ちが、優しさなのかなーなんて思う今日この頃です。

tomatoさんは気持の表現がまっすぐだから、そういうのは相手に飛び込んで行ってると、私思います。



にゃん太ママさん


深く実感したことをあっさりと書かれていらっしゃる。
すごいと思います。
我が家の高校生二人も、今は扱い方が少々難しいです(苦笑)
Posted by ベージュ at 2014年12月26日 16:40
ベージュさん、

出た!
ロックンロールわんちゃん。
目のいい保養になりました。

私が、「優しいな」と思うときは、
同居のお姑さんが実家に行かせてくれた時。
私の家事を手伝ってくれ時。
旦那が、晩ご飯のお総菜を買ってきて
「今晩は作らなくていいから、楽でしょ」と言ってくれた時です。

ベージュさんは、お料理できるから、
奥さまにとって十分やさしいと思いますよ。

私が家族に対しての優しさは、
健康のために、毎日山盛りのサラダをつくることです。
Posted by ひよこ at 2014年12月29日 12:06
ひよこさん

きらびやかな車、サングラスの犬。
まさに通行人の注目の的でしたよ。

優しさについて
具体的なエピソードを頂きありがとうございます。
微笑ましい情景が浮かんできました。
優しいご家族に囲まれて、ひよこさんお幸せですね。
Posted by ベージュ at 2014年12月29日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: