2013年03月23日

さだまさしさん『療養所』

本日三つ目!
いささか意地になって、病院にかこつけて一曲。
先の記事『いい病院とそうでない病院』で不快にさせてしまってたら御免なさい。
これを聴いて気分転換して下さい。

さだまさしさん 『療養所』。
さださんの優しさが溢れています。
どうでもいいんですが、歌いだしでベージュとでてくるのが気に入ってます^^

    http://www.youtube.com/watch?v=kQJ-KHWYq-8
posted by ベ―ジュの財布 at 21:31| Comment(10) | さだまさし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さだまさしさんは、色んなレパートリーがありますね?
何か心の叫びみたいな「ムンク」を思い出す
さだまさしさんでありました。

いつも(^_-)-☆ありがとうです。
Posted by 炎クリ at 2013年03月24日 01:17

さださんの優しさが溢れて〜

本当に、そんな優しさが溢れていますね

しみじみと、聴かせていただきました


さださんて、1000回以上も、コンサートを行っているのに、
今でも、緊張すると言っていましたが、それも優しさの一つ、
のような気がします


ありがとうございます
Posted by ponsun at 2013年03月24日 07:55
炎クリさん

さださんはほのぼの系が多いと思ってます。
中でも『療養所』はしっとり感が漂います。
『ムンク』の叫び。描かれている人物の表情や色使いはインパクトが強いですね。
Posted by ベージュ at 2013年03月24日 09:47
ponsunさん

さださんを見てると、気さくで大衆的ですよね。
コンサートでは歌っている時間とトークの時間が同じくらいだそうです。
Posted by ベージュ at 2013年03月24日 10:00
『いい病院とそうでない病院』

賛同です。
素直に語るべきでしょう。
やはり、人間と人間。
「波長」が合わないと治るモノも治らないでしょうね。

『診療所』いい曲ですね。
Posted by 英さん。 at 2013年03月24日 23:18
良い曲、良い歌ですね〜
しんみりと感動しました。
そして、さださんの声、素敵です
Posted by ひょい! at 2013年03月25日 20:55
ベージュさま。

しみじみと「療養所」聴かせて頂きました、、、、
さださんの歌声と歌詞に涙が出てきました。
「人とともに人は子供に帰っていくというけど、それはきっとウソだ」
この歌詞にグサッでした〜〜なんか さださんの歌は「哲学」とか
「心理学」に通じるものがあるような気が致します(^^)
そして「日溜まりのような優しさ」も歌から伝わって来ました♪♪

ベージュさん、いつも有り難うございます。
Posted by ミー子 at 2013年03月25日 21:20
英さん。

病院記事にご賛同ありがとうございます。
愚痴っぽいのに、恐れ入ります^^;
医者との相性はあるでしょうね。

体のあちこちにガタがきてます。男40代ってこんなものなんでしょうかねえ

Posted by ベージュ at 2013年03月25日 23:03
ひょい!さん

心にしみたでしょう^^
スルメいかのように、何度も聞くと味が出てくるのが分るかと思います。
どうでもいいうんちくでした。
Posted by ベージュ at 2013年03月25日 23:08
ミー子さま

私もこの曲を初めて聞いた時は泣けてきました。
>「人とともに人は子供に帰っていくというけど、それはきっとウソ
>だ」この歌詞にグサッでした〜〜なんか さださんの歌は「哲学」と>か「心理学」に通じるものがあるような気が致します(^^)
そう言われてみるとそうですね。気付かなかった^^;ウカツ

嬉しいコメントです。
Posted by ベージュ at 2013年03月25日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: