2017年03月10日

比例計算


ある男性はハーフマラソン(21.10km)を1時間48分27秒で走りました。
これが本記事の大前提。
平均速度は計算すれば分かります。
フルマラソン(42.195km)をこのペースで走れば、どの位の時間がかかるかも分かります。
簡単な算術ですから。

*****

しかし、フルマラソンを走りきる体力があるかどうかは分かりません。その男性はフルマラソンの大会の経験がありません。
その男性はハーフマラソン(または、トレーニングで20km走)で、15kmあたりで必ず急にバテてきます。そこを乗り越えるのは意外とキツイんです。グリコーゲンの問題か?精神力だけの問題だけではないと彼は言います。
フルマラソンを走ったことがないけれども、フルマラソン(42.195km)でしばしば言われる30kmの壁とはこのことか!?と推察しているようです。

また面白いことに、上り坂があればそれ相当の下り坂があり、楽と苦を相殺して平均できると彼は言います。
例えば、平坦な道を4分30秒で走るなら、上り坂は5分00秒かかったとすれば、下り坂は4分00秒でいける、という具合、上りで遅れた分は下りで挽回できるんだと。

*****

その男性は単純比例計算で、上記のハーフマラソン大会の記録から、フルマラソンのサブフォーはすでに達成しているではないか、と秘かに考えているようです。
しかし、それは机上の空論に過ぎず、実現するにはスタミナが必要だとも分かっているようです。

まずはフルマラソン大会にエントリーしなきゃね(^_−)−☆


(いったん投稿した後、加筆修正しました)



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by ベ―ジュの財布 at 12:46| Comment(4) | running | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする