2017年02月24日

グリコーゲン

精神論だけでは上手くいかないことがある。

ベージュは何度かハーフマラソンに参加して、そこそこ優秀な成績を収めている(本当か!?)
普段のトレーニングは出来るだけ遠くまで走る練習(名付けて「ファーラウェイ」)と出来るだけ速く走る練習(スピードアップ)とを適度な頻度で織り交ぜている。持論で恐縮だけども、トレーニングはこの2つ以外にないと思っている。
20km走ると決めて走ると、しばしば15kmあたりで飽きてくる。もう充分走ったョ、もう歩こうョと悪魔の囁きが聞こえてくる。しかし、不思議なもので、水分補給などで少々胃に入れると元気になり、走れることが多い。足は決して疲れていない!
そんな感覚的な経験から、走っている最中に疲れたと感じる原因・理由は何だろうと常々考えていた。
その疑問が解けた。「ランニングする前に読む本」に述べられていた。

グリコーゲンのことは知らなかった(ウカツ)
遅ればせながら、グリコーゲンや炭水化物について知識が増えた。






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
posted by ベ―ジュの財布 at 23:23| Comment(2) | running | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする