2016年07月31日

メンテナンスいろいろ

皆さん、毎日暑いですね〜
小人(こびと)に変身して、冷蔵庫に入りたい。
エアコンですか?電気代もったいないから一人の時はつけません(きっぱり)。
でも、洗濯物がパリっと乾いてくれますね。そうそう、梅雨が明けたんですよ、3日位前だったかな。
洗濯物をたたみながら、オレはなんていい父親なんだろうって(爆
それとも、どの家庭も似たもんかな?


歯医者の予約を入れてました。今回は虫歯の予防にフッ素コーティングが目的。
いつものクリニックに向かおうと、自転車にまたぐとなんか変。
自転車の後輪の空気がすっかり抜けていました。前輪は大丈夫。遅れたくないので、しゃーないので、漕いで行きました。
ガッタン、ガッタン振動が響きました。
漕ぐこと5分程度で歯医者に到着。診察券を出し、汗を拭いていると、治療室に通されました。
歯科衛生士がいろいろ親切に説明してくれました。
始め、赤い色素を塗られ、磨き残しがないかチェックされました。
で、その後、色素を落とし、フッ素を塗って終了。
唾液検査を勧められたので、今回はいろいろ真面目にやっておこうと予約を入れました。
美人さんなんで、癒されました^^


そのままイオンの自転車屋へ向かいました。
パンクしてるかもしれないから、見て欲しい〜とお願いすると、ワンコインメンテナンスを勧められたので、お願いしました。ブレーキ系も弱くなってたようで、一時間ほど時間がかかると店員さん。
私は書店へ。『アドラー心理学入門 (岸見一郎)』が目に留まりました。それを買い、フードコートで時間をつぶしました。
結局パンクはしてなかったけども、いいタイミングでした。


妻のリクエストに応えて、山形県の鶴岡方面に行きました。即身仏に興味があると言うんです。
出羽三山はパワースポットとして知られていますので、私も行ってみたかった。
【計画】 湯殿山神社〜湯殿山総本寺瀧水寺大日坊(即身仏)〜羽黒山五十塔
     心身のメンテナンス。心は軽く。安全運転。
     
     
道に迷うことなく最初の目的地到着。
湯殿山神社本宮鳥居 ここから歩きました。
IMG_1023.JPG


修行僧、美女三人?!
IMG_1030.JPG


この先、撮影禁止。参拝料は500円。素足になり参拝しました。
足湯を楽しんでいましたら、蛇をみっけました!
排水口にスルスル入っていこうとする蛇の尻尾を軽く踏んで押さえた(アホ)
IMG_1033.JPG

妻が朱印帳を買い、スタンプを押してもらっていると、雷が鳴り、私の腕にポツと雨一滴。
これは大雨になるぞと第六感。というか、さっきの蛇が教えてくれたのでしょう。私は妻を急かしました。
景色を楽しみながらも早足で下ります。
鳥居脇のレストハウスに来た時、バケツをひっくり返したような土砂降りになりました。間一髪で助かりました。


移動。
田麦荘・ななかまど亭の蕎麦が美味しくて、夫婦二人感動。蕎麦の撮影を忘れてしまいました。
(湯殿山ICの近く)

湯殿山総本寺瀧水寺大日坊に到着。ここで即身仏を拝見。スタンプを押してもらいました。
遠方から多くの方々が訪れていました。
IMG_1035.JPG

寺の中は撮影禁止。
IMG_1038.JPG


移動
羽黒山五十塔到着

写真に撮るとドーンとしてますが、意外とひっそり建っている印象を受けました。
山頂までつながる道がありましたが、今回は見送りました。
IMG_1042.JPG


妻が、息子の晩御飯の支度を気にするので急ぎました。
サイドミラーに映る西日をずっと見ていました。
寒河江SAでお土産を買いました。

IMG_1040.JPG

IMG_1047.JPG

不安定な天候でしたが楽しかったです。
即身仏に感動したーと妻が何度も言いました。
なんだか7月があっという間に過ぎました。

おまけ
IMG_1032.JPG








posted by ベ―ジュの財布 at 21:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

ベージュもGO

おはようございます。
ポケモンGOが日本に上陸したそうで、えらい騒ぎになっています。私の職場でも社長が話題にするほど。
しかし、私はこういうことには疎いのです。ハマるとそればかりになるけど・・・(極端だな^^;)

すっかりブログをさぼってますが、明後日の試験を過ぎたらボチボチ書こうかなと思ってます。
試験に向けてラストスパートです。
では、皆さん良い週末を。




posted by ベ―ジュの財布 at 06:49| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

悪役

ミステリー劇場の最終回。

時々、善について考える。
善いことはこっそり行われることが多いような気がする。
でも、その本質はこの年になっても上手く説明出来ない。
あの館についてはまだまだ考え足りないけれども、館の管理人(内科の先生)は悪役を買ってでた人なのではないか?嫌われる勇気を持つ人だ。この街の守り神のような存在だ。ってのがベージュの洞察。

さてさて。
【告】の中で述べられていた露無。
写真をご覧くだされ。

tuyu.jpg

1225165557_b.jpg

このところ、暗闇やらジメーっとした写真が多かったから、パッと明るい写真を掲載した。自分が撮影したのは思い入れが強く出てしまうから、ネットで勝手に拝借した。

************************
露無の由来

今から約八百年、源頼朝の奥州討伐の時追手を逃れた藤原忠衝の姫(当時四歳)は、乳母小萩と共に小萩の夫の故郷である福沢をめざして落ち延びてきたが、夕暮道に迷って松の根元で一夜を明かした。朝ふと気がつくとこの附近一帯にはふしぎにも朝露が全くおりていなかったという伝説があり、この場所は露無発祥の地と言われている。

************************

看板をそのまんま書き写しただけ^^;
簡潔にあっさり書かれた方が、ミステリアスな雰囲気が漂いますネ。
最後までお付き合いありがとうございました。






posted by ベ―ジュの財布 at 22:39| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする