2016年06月30日

まるでかくれんぼ

               【告】
1.このお化け屋敷には、本当のお化けが棲んでいる。
2.怖がらせるお化けではなく、皆を守るお化けである。
3.露無というこの付近一帯は、旅人を露から守る不思議な場所として言い伝えられてきた。
4.日本古来のお化け達は、悪いことを戒め、子供達に善意を教え、我々を見守ってきてくれた。
5.(↓下の写真の絵)
6.一匹の猫が轢かれた。誰も悪くはないが、知らないふりをしたら、粉々になってしまう。


   IMG_0945.JPG

   IMG_0946.JPG

   IMG_0943.JPG


ミステリ―劇場の第3回目。
また我慢を強いてしまうようで申し訳ない。私も強情だなあ。
では始めます。

その館は『MENTAL WARD』という占いの館であった。道路に面した壁や出入り口は薄汚れていて、人が出入りしているとは思えなかった。窓には可愛らしい絵もあるが、なにかチグハグ。綺麗にして人が訪れるようにすればいいではないかと思ったりした。
館、館の窓の絵、白い小屋、小屋中の飾り、藪と白いぼろきれの向こう側。
全てにおいて、こっち側が気付こうという意思を持たないと見えてこないように作られていた。まるでかくれんぼだ。

私は夜のウオーキング中に白い小屋をみつけて『誰にも理解されなくてもいい、でも、気付いて欲しいかな・・』という声なき声を聴いた。別の日にはMENTAL WARDの窓ガラス下の【告】に気付き、読んだ。
特に、最後の一行。
『6.一匹の猫が轢かれた。誰も悪くはないが、知らないふりをしたら、粉々になってしまう。』
何が粉々になってしまうのか?と考えると、心が痛むが、ここにもかくれんぼの構造があった。
皆を守るお化けは、大事なことを知っているが、決して啓蒙思想家ではないようだ。
実際に会って話をしてみたい気もするが、さて、どうしようか。

面白いからと、妻に【告】を読ませてみた。寺山修二を思い出したと言って、二階から本を持ってきてくれた。

次回は露無の里に触れて、このミステリー劇場を終わりにする予定。
ここまで読んでくれてありがとうございました。
書きあげるのに、4時間近くかかってしまった。
感想があればコメント欄へどうぞ^^











posted by ベ―ジュの財布 at 23:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

事の発端

この館にまつわるミステリ―を何回かに分けて投稿しようと思う。と前回書いた。
今日は前回の続き。
気味が悪いとコメントを頂いていたので、ほんのり明るくいきましょう^^


IMG_0937.JPG
その晩、私は藪の手前に小さな小屋があることに気付いた。中に人がいたらどうしよう。思い切って覗いてみた。
IMG_0938.JPG
四畳半位のスペース。飾りの類が多かった。小綺麗で、メルヘンチックだった。誰もいなくて胸を撫で下ろした。
注意してよく見ると、テーブルにはキラキラ輝く置物があった。
我が家から数百メートルの場所。10年間、私は全く気が付かずにいた。
私の想像力は一気に膨らんだ。『これは所有者の内面の風景だ』と私は直感した。『誰にも理解されなくてもいい、でも、気付いて欲しいかな・・』という声なき声を聴いた。
これが事の発端である。

書かずにはいられない。そんな衝動に駆られた。

その晩は(前回、夕暮れ時と書いたが、勘違いしていた)ちょっと覗いただけ。
日をあらためてよーく観察した。
IMG_0942.JPG
テーブル上の置物が変わっていた。時計は前と変わらず10時10分を指していた。
誰かが出入りしていることが明白になった。なぜか安心した。小屋の所有者に会ってみたい気がしてきた。
しかし、妻は知っていた。近所の内科の先生が管理しているらしい。大変人気のある先生のよう。


次回に続きます^^







posted by ベ―ジュの財布 at 20:39| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

悪の芽は

藪にかくれて白いぼろきれ。ここを人が出入りしているのだろうか?
本当にちょっとだけ覗いてみよう。
IMG_0989.JPG

『あっ』思わず、固唾を飲んだ。
IMG_0988.JPG

二週間程前、夕暮れ時、妻とウォーキングしていて、いつも通る道に、古い館を発見したのが事の発端である。
この館にまつわるミステリ―を何回かに分けて投稿しようと思う。

今回の主題はこれ。
『悪の芽は冷たい家庭の隙間から』
私のブログに訪問される皆さんの御家庭は暖かい家庭と、私は信じている。
(それがどうした?!)というリアクションの方が多いかもしれぬ。それがきっと普通だろう。
80年代頃は金属バットで親を殴る事件などもあったし、『積木崩し』、そしてここ最近は虐待による被害の実態もTV番組で取り上げるようになってきた。その種類の事件や心的な悩みは他人事には思えず、考え続けてきたし、今後も継続すると思う。書くことは滅多にないけれども。

それにしても薄気味悪い写真である。
現場にいる時には気付かなかったものがいっぱい写っている。









posted by ベ―ジュの財布 at 23:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

MBTの効果

このところなんだか忙しくて、髪を切る暇がない。
鏡に映る自分を見て、モサモサ頭、エチケット知らずだと思う毎日でしたが、
やっと床屋に行きましたわ(笑)
行きつけの床屋の店長さんが、MBTの靴を履くようになってから、腰の調子がいいと言います。散髪に来る客皆にMBTの良さを宣伝したら、早速買いに行った方もいたそうで。
自分は3か月位履いていますが、ふくらはぎがストレッチされる感じがあり、数年前に悪くした右足首にいい刺激になってます。背筋がシャキッと伸びる感覚もあります。

MBTのウオーキングシューズ、いいですよ、本当に。

IMG_0970.JPG

これを穿いて朝の散歩へGo!

人はまだ少ない。RUNNIG姿とすれ違った。
IMG_0948.JPG

IMG_0951.JPG

IMG_0954.JPG

IMG_0958.JPG

公園に紫陽花を発見。物憂げというかセンチメンタルな色合い。
ベンチに腰掛けたおばあさんが二人語り合っていました。
IMG_0960.JPG


IMG_0964.JPG

電車が走る音に『生』を感じる。『生』?『命』?まあどっちでもいいか。
IMG_0967.JPG

裏通りの紫陽花。落ち着いてはいるけれど華やかな風合い。
IMG_0971.JPG






posted by ベ―ジュの財布 at 09:51| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

ストレッチ

二週間ぶりの投稿です。

整骨院で教わったストレッチを継続しています。
肘痛が和らぐのかと思いきや、かえって痛くなったような感じ。普段使っていない筋肉が強化されていく過程だと思うことにします。


私は過去をいつまでも気にする傾向があります。
特に育ちについてです。私は、辛い状況を我慢するのは平気ですが、意見を交わしたり、議論することで改善することがダメで、これは、親(特に父親)の教育のせいだと思ってきました。
しかし、ココロもストレッチが可能のようで、だいぶほぐれてきました。ココロの中では、過去にどういう意味を見出すか、自由だということです。
ブログを通じて皆さんとコメントのやりとりは、お蔭様でココロのストレッチになっています。
ブログにこういう効用や効能があるんですね〜^^












posted by ベ―ジュの財布 at 03:18| Comment(8) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする