2016年02月21日

グリーンアスパラのベーコン巻

春の足音が聞えてきそうな予感がして
なぜかグリーンアスパラのベーコン巻が食べたくなった。

で、ひとっ走り材料を買ってきて、作ってみました。
IMG_0756.JPG

よく見るとアスパラの長さはふぞろい。
ふぞろいのアスパラたち(意味不明)

4月から別の会社に移ります。正社員として採用されました。頑張りまーす(^^)v
有給休暇が結構残ってるので、3月はのんびりしようかと思案中。

34作目でした。











   


posted by ベ―ジュの財布 at 20:37| 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

今日の雑考

社会の動きとして、今日はバレンタインデーでした。

私は一日障がい者のお世話をして過ごしました。
出勤すると、施設には、初めて見る女の子(以下Mちゃん)が布団をかぶって寝そべっていました。身体に障がいがあるようでした。
Mちゃんは朝ごはんは済んだようでした。
私はいつも通りJさんの担当でした。私はJさんとボールの転がしっこをしながら、ときどきMちゃんの方を見ていました。
Mちゃんを家まで送迎する時間が近づいてきて、職員が二人で抱きかかえて車椅子に乗せました。Mちゃんは喋れませんでした。私は、Mちゃんは意思表示は出来ないのだと分りました。ふと見ると、Mちゃんの右手にあざのような跡がありました。職員に私は小声で右手のあざのことについて触れてみました。
すると、職員は、そばにいるMちゃんに聞こえないよう、私よりもっと小声で私に教えてくれました。Mちゃんは自分の気持ちが伝わらない時、イライラしてきて手を噛む癖があると。
職員のその言葉とそのトーンはMちゃんの気持ちを共感的に理解していました。それを聞いて、私も胸が苦しくなりました。Mちゃん本人も辛いし、それを知るこちら側も辛い。

まさにそう感じた瞬間でした。
『私がMちゃんにしてあげられる実際的なことはなにもない。一緒に笑ったり泣いたり、共感的に気持ちを分ることは仕事ではない』と感傷的な自分に水を差す別の自分がいました。
『障がい者というものは必ずしも世話人に【親切心】や【優しさ】を望んでいるわけではない』と、失敗した過去を思い出し、気を引き締めました。

バレンタインデーということで、チョコに結びつけてオチをつけるとすれば、ほろ苦い過去が蘇ったということになりそうです(^^)v














posted by ベ―ジュの財布 at 00:02| 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする