2013年10月22日

高知からの贈り物

先週のある晩。

リンク集「こころの泉」のまっちゃんから
注文していた「こころ枕のうけみちゃん」が届きました。
まっちゃんは高知県にお住まい。
最近は創作活動の一環でココロまくらの他、石に綺麗な模様を描いたりしています。


    
    
    131021_205938.jpg  
   

      131021_210007.jpg


      131022_190518.jpg




開封すると、行ったこともないのに高知の匂いがしました。
ラッピングが綺麗!開けるのがもったい。
でも開けました。
ニギニギしてみました。いい感触♪


封筒をよく見ると、切手もユニークで小澤征爾氏と今の季節にピッタリの栗。
どこまでも楽しませてくれるサービスの心意気を感じました。
もう少し丁寧に開封すればよかったと、ちょっと後悔。
感激の余韻はまだ続いています。



開けていないもうひとつは奥様にあげました。




















posted by ベ―ジュの財布 at 21:49| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

lucky month

極めて私的なことですが、私、この10月に職場を変わりました。
日勤と夜勤を不規則に繰り返す生活にお別れしました。
新天地でしっかり頑張ります。
posted by ベ―ジュの財布 at 21:10| 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

食欲の秋

仕事帰り、お土産にケーキを買って帰りました。箱を開けたら、あっという間に食べてしまった^^

駅地下のお惣菜は、揚げ物、サラダやマリネ、どれもこれも美味しそうだった。
果物は葡萄が季節だけども、ちょっと値段が・・・^^;
お寿司のコーナーに人が群がってました。見るとネタも新鮮。値札は値引きになってた。どうりで人が多いわけだ。
この季節になると日本酒が欲しくなります。
いつだったかなー、居酒屋二代目で頂いた鳥取のお酒で『日置桜』。あれ美味しかった。この辺のお店にはおいてない。
tomatoさん家のおでんも、炎クリさん紹介の鉄火丼も美味しそう。

やっぱ、秋だね〜(笑)



posted by ベ―ジュの財布 at 22:39| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障がい者のお世話

子供が小さかった頃、よく育児書を読んだものでした。

その中で鮮明に覚えていることがいくつかあります。

@あるお母さんは、子供を連れて歩いていると、子供が道路に急に飛び出すから車にひかれそうで怖い、どうしたらいいかと悩んでいたそうです。著者はそれに答えて、車に関心を持たせるのもひとつの方法ですと言います。

Aある児童は12時5分は12時より前だと思っているそうです。著者はそういう事象を理解したく、その児童に理由を訊きました。その児童は長針に着目して、長針が12より前にあるからと説明したそうです。


実はAは障がいをもつ子供の実例なんです。
私は空いた時間を利用して障がいを持つ子供のお世話をしています。
身体的なケースもありますが、意識とか心理に関することにおいては様々な発見があります。
今日お世話したのは高校2年生の男性で、同じことを繰り返して喋る傾向がありました。
私はその理由を少しずつ理解しようと努めました。
施設で働く職員さんは利用者の障がいに対する理解は深く、また対応は実際的で的確だと私は感心しています。




















  
posted by ベ―ジュの財布 at 01:04| 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

『風の便り』から

今日も太極拳の稽古がありました。

先生は話もユーモアたっぷりですが、文章も書かれます。
太極拳を普及するかたわら、自費出版で本を出されています。
今日の1ページを紹介します。


*****************


風の便り(No203)    2013.10

相手を許す

 岡山市のノートルダム清心学園の理事長を務めるシスターの渡辺和子さんが、『置かれた場所で咲きなさい』と題した著書を出版されました。
 渡辺さんは9歳の時に、二・二六事件において当時教育総監だったお父様を亡くされました。43発の凶弾で命を落とされたのを目のあたりにした、といいます。十八歳でキリスト教の洗礼を受け、聖心女子大学から上智大学大学院を終了され、アメリカへも留学されました。のちに三十六歳の若さでノートルダム聖心女子大の学長となられ、二十七年間在職されました。
 五十歳でうつ病を患い、六十代半ばでは膠原病になります。ステロイド治療の副作用で骨粗しょう症になり圧迫骨折を3回するなど、神の試練は過酷なほどに襲いかかります。こうした状況のなかでも「神は、その人の力に余る試練は決してお与えにならない」、「痛いと言ったって病気は治りませんから、明るい顔をしていたほうが物事はうまくいく」と、置かれた場所で最善を尽くします。何もかもを両手でいただき、試練を糧にして強くなっていったのです。
 同著の中に「(人を信頼するのは)98%にしなさい。あとの2%は相手が間違った時の許しのためにとって置きなさい」、「私も間違う余地を残しておいてほしいから。誠実に生きるつもりだけれど、間違うこともあるかも知れない」と、記しています。人間への深い優しさと、私たち人間の不完全さを認めていこうとする広い心の持ち様を表しています。聖書の言葉にも、「自分の罪が許されるように、人の罪をも許すこと」とあります。
 「信頼関係を壊された」とか「裏切られた」とか、すぐに人を非難するのではなく、その人を許すことが、ひいては自分自身を救うことにもなるのです。わが身を振り返ってみて、人を非難するほど自分の言動が間違いのないものなのかどうかを問うたときに、内心、忸怩たる思いで赤面してしまいます。
 つまるところ大人になるということは、このように相手を許すという行為のなかで、心が広くなったり深まっていったりすることなのかも知れません。
 本当に、生きていくということは大変なことだと思います。私たちは、日々、大なり小なり「苦」を背負って生活しています。それぞれの「苦」を乗り越えるためにも、お互いの情を通わせ合うことは大事なことです。自分のことよりも、まずは相手の身になって考えることが大切です。こうした温かな情の通い合いがお互いの幸せにつながっていくのだと思います。自分一人だけが幸せになるということは、あり得ないということです。
                                              (双樹会 佐藤如風)


***************

      


posted by ベ―ジュの財布 at 13:29| Comment(11) | 太極拳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

三連休

この三連休は太極拳や、登山そして障がいを持つ小学生のお世話などをして過ごしました。

  131013_104441.jpg


  IMG_2169.jpg


この度、楊玲奈先生を招いて、私達の教室で教えて頂く運びになりました。

みんなでレッスンを受けたり、一緒に食事したりして楽しいひとときを過ごしました。
玲奈先生は楊名時太極拳師家である楊名時先生のお孫さん。私が普段教わっている先生とは深いご縁があります。
近年、健康志向で太極拳が脚光を浴びてますね。
玲奈先生はテレビやら引っ張りだこで忙しいようです。ミュージシャンの坂本龍一氏から太極拳を教えて欲しいという要望があって、2週間程前はニューヨークにも飛んだそうです。
普通に立つ姿勢も、腕が細く長くてモデルのようで美しかった。立ち居振る舞いは優雅で柔らかくて、そうそう、綾瀬はるかに少し似てました。
話をしてみるととても気さくな方でした。

写真は、仙台西公園でレッスンを受けた後の様子。
とにかく、風が強かった。

下の写真は私と玲奈先生のツーショット・・・・ではなくて
先生のお子さん(景太君)も一緒。一歳3か月。可愛い盛りだね。




    131013_111813.jpg








こないだ下見していた山にも登ってきました。

雲一つない登山日和で、大東岳山頂(1365m)からは遠く鳥海山や月山、蔵王まで眺めることが出来ました。

 
    AM7:00靴を履き替え、いざ出発! 
    登りは表コース
   
131014_070114.jpg


    
    1合目付近で流れる沢
   この沢を横切ると間もなく、野生の猿の群れに遭遇し感動しました。
    131014_071658.jpg


  
    5合目 まだまだ元気!
    131014_081517.jpg



    『鼻こすり』と言われる急斜面を登り切って間もなく大東岳山頂到着
   山の東側の風景
  131014_091655.jpg  131014_091851.jpg



    131014_092242.jpg



    山頂から裏コースを降りこと5分。
   西側にも素晴らしい風景が広がっていました。
    131014_094729.jpg


    山頂を振り返ると、色づき始めていました。
    131014_095141.jpg



    赤シャツと赤帽、誰でしょう?
    131014_095449.jpg


   
    雲海だ!雲海だ!遥か遠くに。
    131014_100303.jpg




    『弥吉ころばし』と言われる急斜面。気を付けて降ります。
   途中、足がガクガクになった。
   131014_100506.jpg


    
    樋の沢避難小屋。ここまでずっと急斜面でした。
   おっと、山ガールが小屋を利用していたようです。
    131014_105115.jpg



    この辺から『大行沢』という沢が流れていました。

   見下ろすとお魚がユラユラ動いていました。

   水の流れが好きな私。
   沢の畔で残りのサンドイッチを頂きました。

    131014_111409.jpg




    もっと撮影したのですが、この辺で。
   山好きの私に付き合って頂いて
   ありがとうございました。






    

posted by ベ―ジュの財布 at 17:54| Comment(9) | 太極拳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

自他共の幸福

なにも余計なことを言わなくても

とか

そんなことあたりまえじゃん

とか

思う人は多いかもしれませんが、

(ここまでが前置き)

私は『自他共の幸福』っていい言葉だと思います。






posted by ベ―ジュの財布 at 15:35| Comment(10) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする