2013年05月17日

「大根の月」

   130517_185436.jpg


 向田邦子さんの作品は読みやすく、大衆向けの雰囲気がありますが、深みとか含蓄を感じるもので、日本文学って感じがします。
 「大根の月」は短編集「思い出トランプ」に収めてある、家族愛とか、嫁姑をテーマにしたとても味のある作品です。
 飲み屋に向かう途中、日が暮れかかってましたが、大根の月(※)がぽっかり空に浮かんでいました。
 
 店主と奥さんの顔が見たくなりました。
 
   130517_201455.jpg

 
 お酒、美味しかった。大阪のお酒で秋鹿。すっきりさっぱりした味でした。
 隣の方がマスターと「実は昨日誕生日だったんです」と話をしていたので、私は脇から「おめでとうございます」と言って、苦労話など聞きました。
 ここに足を運ばれる方とは誰とでも親しくなれます♪
 お料理も美味しくて、居酒屋二代目、ますます気に入りました。






 ※大根の月の意味について
   原文がないので、私のコトバになりますが、
   大根を輪切りし損ねた時の形です。
   くっきりした三日月でなく、うっすらした箇所ができます。
   掲載した写真は私の携帯で撮ったのですが、
   うっすらした箇所までは綺麗に写りませんでした。
   
   ponsunさん、ご質問ありがとうございました。





 
posted by ベ―ジュの財布 at 22:11| Comment(6) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする