2013年02月20日

勤め人

 今日は、もうすこしぼやこうかと思います。
 私は工場排水等の分析の仕事をしてきました。排水中に有害なものがどのくらいの濃度で含まれているかを分析します。
 必要があって、精度管理や品質管理についても少し調べたことがあります。
 
 
 
 意地悪な考えですが、出店で売られている綿菓子でもなんでもいいんですが、全部同じ重さですかね〜?
 『そういうこと言うな』と声が聞こえてきそうです(笑)
 私は環境計量証明事業に勤めていた頃は、計量証明書を発行するので、ばらつきがないように勤めておりました。そういう仕事をする上ではばらつきが小さい方が優秀なんです。
 その中で、オペレーターに向く人向かない人も分ってきました。また、言葉も慎重に扱う必要がありました。データが一人歩きを始めてしまうからです。


 

 全然話題は変わりますが、精神科医の本は私随分読みました。が、私の心をとらえる本は少なかった。
 一方、例えば、亡くなられた吉本隆明さんも心のことをテーマに随分本を書かれていて、私は未だに関心を持ってます。
 この違いはどこから来るんだろうと考え続け、分かった。
 会社に勤めたことがあるかないか、の違いといっていいかなあと思います。これは私の感触です。大衆的かどうかといってもいいかもしれません。学者さんが苦心して一般向けに書かれたものでも、ふつーに勤めて生計を立ててる私には接点が少なく感じるんです。だから、腑に落ちて来ない。そういう本を読む私の方がどうかしてた^^;
 
 故小林正観氏は勤めたことはないはずなのですが、出る場所をきちんと考えてたなあって思います。
 

 

 
 
 調子に乗るのはこの辺で。











 
 

posted by ベ―ジュの財布 at 15:10| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭と体

 養老さんのCD面白かったです。

 私は『ベージュの財布』というハンドルネームネームで『新しいDIARY』というブログを持ってます。
 ブログを始めてからかれこれ、6年近くなります。そこで、皆さんとなにがしかのつながりを持って、記事にコメントもらったり、コメントさせて頂いたりの継続で、私も変わってきました。
 
 
 私は職場内では、理系で水質検査の技術を持ってる人ぐらいに理解されています。いつになったら卒業させてくれるんだろうと、自分の役割とか肩書を変えてほしいと思います。どうして何十年も同じ役割におさめるのでしょうか?
 私はだいぶ前ですが、仕事中に脱臼して、中抜けさせてもらい職場近くの整形外科に行きました。その時、先生はレントゲン写真見ながら、私の手首を曲げたりしながら、関節が柔らかいと言いました。柔軟性があるので、一方で、力を入れれば脱臼しやすいと説明を受けました。中学の時、立位体前屈や伏臥状態反しがクラスで一番だった。
 私は朝が苦手。エンジンがかかるのが遅い。朝食を摂っていて便意を催します。『行ってきま〜す』と手を振り、駅まで歩くのが軽いウオーミングアップ。電車を降り自転車をこぐのが本格的なウオーミングアップをしながら、今日の仕事のタイムスケジュールを考えたりします。

 
 
 今日は夜勤なので今こうして書いています。
 
 20代は徹夜も平気でしたが、年齢とともに次第にきつくなってきました。世の中なんで24時間働くんだろう?私は夜勤が続く時は、朝仕事を終え、午前中に帰宅して、その日夕方に出勤です。信じられません。(愚痴こぼしてゴメンm(__)m)
 自動車の製造ラインがそういう勤務体系だそうですね。

 そうそう思い出しました。
 三日坊主で終わったことですが、歩く時『右足前、左足前、右前、左前』と足の動きを感じて頭の中で言葉で確認しながら普通に歩くと心にいいそうです。
 誰かの言葉にカチンとくることがあるでしょう。
 そういう時は、今感じたことを心の中で実況中継しましょう。相手が言った言葉、それに対して、私がどう感じたか。相手に対して怒るのはちょっと待った。一呼吸おいて言葉に置き換える作業をします。
 私はセルフカウンセリングの通信講座を受講してよかったと今でも思ってます。セルフカウンセリングはレイキの集まりの中で教えてもらった。
 ケンカって、ふふ、あまり生産的でないので、『私、腹がたった』と冷静に一言出てくれば、卒業証書ものでしょ。ついでながら、私上司に対して、『○○さん、怖いです〜』と言いました。相手はゆで蛸状態でしたが、崩れるように笑い出しましたよ。(これ本当です)
 
 考えるって行為も自然と相対するものですね。

 何言ってるか自分でも分らなくなってきました。

 私の場合、リアクションが遅くて相手をイライラさせることがあります。理解が遅くて御免なさいと心の中で言います。私は卒業までもう一息かな。


 書いていて途中、性格が変わってしまいました。
 養老さんのCDを聴いて、私なりに頭と体の違いを言ってみたかったわけです。










  
 

 

  
posted by ベ―ジュの財布 at 12:33| Comment(8) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする