2013年02月09日

一人暮らしを思い出す

 妻が具合を悪くしました。
 私は昨日夜勤から帰ってきて、コメントの返信を書いている最中に睡魔に襲われ、床に就きました。
 なんとまあ、今朝まで、数えてみると16時間ぶっ続けで爆睡でした。
 
 妻に申し訳ないので、なんでもしています。買い物は生協へ。3合米を砥いで。土曜なので子供の昼飯。出来合いのものですが^^;

 
 
 お昼の支度をしていて、ふと一人暮らしをしてた頃を思い出しました。
 炊事、洗濯、布団干しやら、一言で「家事」と言いますが、親元を離れ自由な気持ちでいっぱいで、家事を面倒と思ったことはなかった。
 ただ・・・・・・
 一人暮らしも長くなり、社会人になって間もない頃、洗濯機を回しながら、(俺いつか結婚しよう)と超漠然とですが思いました。

 
 音楽や占いに凝りだしたのも親元を離れてすぐ。
 
 占星術にハマり、いろいろ分析しているうち、私を好いてくれる人は異性同性に問わず、魚座と乙女座の人が多いことが分ってきたのでした。(もちろんここで、差別するつもりはありません
 私は両親とはなかなか話が合わないのですが、それは私が蠍座で情の人、両親は双子座で理性の人ということが原因と思ったりしました。で、もし結婚するなら乙女座の人だ。乙女座なら双子座とも蠍座とも上手くやってくれる!とずっと思っていました。(因みに妻は乙女座)

 
 一人で身辺のことをやるというのも一長一短と思ったりもします。他の人と協調するきっかけがないからです。おじいさんは芝刈りへおばあさんは川へ洗濯へ、なんて昔話は文化(分化)の発端を教えてくれています。最近の私は、助けたり助けられたりを上手にできる人の方が、生存力は強いと思うようになってきました。ん〜両方が入り混じっていて、傍からは分りにくい人と思われているかもです。

 
 人が成長していく過程は、一概に発達心理学では括れないように思ったり。ここまで書くのは調子に乗り過ぎでしょうか。


 でも何をおいても、母親が明るいと家庭の中は明るいです。
 
 真面目さも必要ですが、男の人は女の人を笑わせるぐらいがいいんでしょうね〜






      130209_123034.jpg

              ↑
 今日の記事のきっかけ。脳に見えたりもした。食事中の方、申し訳ありません。











 
 
posted by ベ―ジュの財布 at 14:02| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする